温かみのある熟女との体験談(公務員/34才/既婚男性)

公務員 34才 既婚男性が熟女と出会った体験談

今年で結婚9年目の男性です。妻とのスキンシップはここ2年ほどありません。子育てに忙しいのは理解していますが、欲求不満は抑えられず、すがるような思いで出会い系に登録しました。LINE友達探しを目的としていた自分が、なぜ熟女と出会いセックスにまで至ったのか、体験をお話します。

妻との冷えきった関係で極度の欲求不満に

妻とは学生時代に知り合い、社会人3年目に結婚しました。2人の子どもに恵まれ、幸せに暮らしています。しかし、妻とのスキンシップは減る一方。特に下の子が生まれた2年前からはまったくありません。

妻には感謝していますし、忙しさも理解しています。しかし、寂しさは消えません。恥ずかしながら自慰行為も頻繁にしていますが、深夜に家族の目を盗んで行うたび、虚しさを感じます。

ダメもとで出会い系に登録

誰かに話を聞いてもらいたいという思いで、3ヶ月前出会い系に登録しました。会員になってみて驚いたのですが、女性が積極的でどんどんメッセージが届きます。若い女性ばかりで、正直あまりの積極性に引いてしまった部分もあり、唯一の熟女だったSさんに返信しました。自分の気持ちを分かってくれるのではないか、という期待もありました。

「話を聞いてもらいたい」という気持ちからLINE交換

Sさんは、予想通り温かみのある性格の淑女でした。男性の気持ちにも理解がありますし、子育て経験があることから妻の気持ちも代弁してくれます。もっと話をしたいと、すぐにLINE交換を申し出ました。専属のカウンセラーに出会ったような気持ちで、完全に頼りきっていました。

彼女から「ラブホテルで待ってます」のLINEで急展開

ある日、自宅で妻とささいなことから口論になりました。気持ちのやり場がないときは、すべてをSさんに打ち明け、気持ちを落ち着けるしかありません。この日もいつも通り「それは辛かったですね…」という返信を期待していました。

しかし、実際に来た連絡は「〇〇町にあるラブホテルで待ってます。会ってゆっくりと話したいの。」でした。まったく予期していないことだったのに、不思議と自分は「分かりました、30分で行きます」とすぐ返信していました。

ラブホテルの指定された部屋に行くと、本当にSさんがベッドに腰掛けて待っていました。服は1枚も着ておらず、あらわな姿で微笑んでいます。自分は一言も発することができないまま、Sさんとの一線を超えていました。

こうして自分とSさんは、セフレ関係になりました。自他ともに認めるほど真面目な自分が、妻以外の女性と肉体関係になったことに今でも驚きを隠せません。しかし、この関係は今後も続けていくつもりです。Sさんとの時間があることで、妻にも優しくなれるからです。

関連記事

熟女に興味

今まで熟女との出会いに興味を持っていませんでしたが・・・

敏感体質な熟女

熟女出会い系サイトで口説いた熟女は敏感体質の持ち主だった

セックスレスの熟女

セックスレスの熟女と出会いセフレ関係になりました

学生時代に熟女と

学生時代にたくさんの熟女と出会いエッチを楽しみました

求めていた熟女との出会い

今まで求めていた熟女との出会いがサイトを通して作ることが出来ました

熟女と居酒屋で出会う

可愛らしい熟女と出会った体験談in居酒屋(フリーター/28才/独身男性)