人妻・熟女と簡単にベッドインする為の心構え

熟女や人妻出会いの卒業試験と言えるのが、実際に出会ってからの会話です。彼女との会話の内容によって、ラブホやベッドインが遠のいてしまうこともあります。ここでは、実際の現場で緊張しないように、ベッドインまでの会話の心構えを説明していきます。

初対面では男性がリードすること!

hitodumatokantannibedinsurutameno初対面では、熟女人妻であっても緊張するものです。そこで、年齢に関係なく男性が会話をリードするのがスマートなやり方です。その場合は、女性の緊張がほぐれてくるまででいいでしょう。どんな感じで会話すればいいのか?簡単に分かりやすく順番をつけてみます。

  1. 自己紹介(本名を名乗りあう必要はない)
  2. 相手に対する感想「いい人そうで良かった」など
  3. 当日の予定「何時くらいまで大丈夫ですか?」など
  4. 雑談で気分をほぐす(人妻が興味ありそうな話題をリサーチしておく)

男性がオドオドすると、怪しい感じになるので、堂々とした口調で話しましょう。自己紹介は、下の名前くらいは名乗ってもいいですね。忘れてはいけないのは、人妻が何時まで大丈夫なのか把握しておくことです。これを聞いておかないと、ベッドインの時間が十分に取れなくなります。

聞き上手に徹することで人妻や熟女に安心感を与えよう!

人妻出会いで気をつけたいのは、男性がしゃべりすぎないことです。あくまでも聞き役に徹することです。できるだけ、メールでやり取りをした夫への不満を引き出すようにしましょう。ベッドインは、いかに愚痴を引き出すかに掛かっています。

人間は愚痴を吐き出すと、聞いてくれた人に親近感がわくものです。批評や慰めはいりません。ただ一言「大変でしたね」程度の軽い相槌を打つのがいいでしょう。話が落ち着いたら、さりげなく「抱きしめてもいいですか?」という感じで、ラブホへ誘導してあげましょう。

ベッドの上では呼び捨てもアリ!

熟女や人妻との出会いにとっては仕上げの段階ですが、ベッドインしてからの会話はムード作りに重点を置きます。この場合はイケメンでなくても精一杯カッコつけたほうがいいですね。ベッドインしたらタメ口・呼び捨てが効果的ですが、あくまでも相手がOKの場合に限ります。

たとえば「今日だけは○○はボクのものだよ」「もう少し早く生まれたかった」など、歯の浮くようなセリフを吐いてみましょう。熟女や人妻を言葉とセックスの両方で、気持ちよくさせてあげれば、彼女たちは抜群のエロテクを発揮してくれるでしょう。

人妻や熟女を少女に戻す会話テクニックとは?

人妻と簡単にベッドインできる、会話のテクニックについて説明してきました。大事なことは、夫の代わりに彼女たちを女性として扱ってあげることです。要するに、夫が彼女たちに言わなくなった言葉を言ってあげるだけでいいのです。

たとえば、「カワイイ」や「キレイ」など、少女の頃に聞き飽きたであろうセリフで大丈夫です。人妻や熟女はそんな優しい会話を求めていると思ってください。男性の優しい気持ちとセリフが、二人をベッドへと誘います。